烏の荘園 モンスター、副官、フレーバー

烏の荘園 モンスター、副官、フレーバー

モンスターの解説
山賊(Bandits): テリノス全域の全ての地域と文化の中で生きている唯一の捕食者である。彼らは欲望のまま掠め取り、他者が倒れた時に富み、努力が必要な時のみ後悔する。文明の残念な結果を根絶するのは不可能であり、各世代の英雄達がこれらの悪党を何度も排除しても、山賊達は残る。

レイス(Wraiths): これらの邪悪な亡霊を見ると、最も勇敢な者でも逃げ出すだろう。彼らの外見が恐怖を引き起こすのでは無く、彼らを呼びだす声が恐ろしいのである。レイスを召喚する音を聞くと、死の凝視を引き起こして、レイスの望む様に、あなたの運命は服従されるだろう。

英雄(Heroes)
アリス・レイン(Alys Raine): 彼女の8歳の誕生日に、アリス・レインは一度に判例法を、完全に暗唱でき、既に7つの条約を記憶するのに、専念していた。彼女は学習よりも、戦闘訓練に長い時間を費やす事を好んでおり、彼女の唯一の夢は、治安官(マーシャル)になり、進み続ける事だけだった。今や、彼女の同僚の中で手柄を上げ、アリス・レインの名は、テリノス全土の犯罪者の心に恐怖を抱かせた。
要塞の治安官は戦闘と知識を習得して、必、必要な場所ならどこでも正義をもたらす。戦場においても、裁判官、陪審員、死刑執行人としての役割を果たして、情熱を持ち、素く彼女らの職務を発揮する。

タイデン・ミストピーク(Thaiden Mistpeak:) :タイデンは、他のものではできない、物事を見つける尋常ではない才能を持っている。彼は彼の愛する人をグレイ・ウェストから救出して、忘れられた岩山を通って、彼の一族の元へ導いた、そして非常に巨大な干し草の中から、彼の祖母のヘアピンを見つけ出した…もしくはその様に言われている。彼は、彼の愛する者の死の復讐の為に、今までに才能を意図的に使用する事を計画した事は無い。殺人者達は見っていない、しかしながら、彼は自ら事に当たっている。彼は旅や、彼が何をして、いつ殺人者たちを見つけるのか話す事は無い。もし尋ねたならば、彼の瞳は暗くなって、彼の現在の獲物を見つけた時、彼が何をするつもりかのみ話すだろう。

副官(Lieutenant)
スカーン(Skarn): 今後数年の間、学者たちは、スカーンの本質と起源について議論するだろう。イスンドラスが死んだ時に、スカーンは意図せずして、イスンドラスの生命と魔法の一部を吸収した、未完成の創造物であると多くの者が信じている。ある者は、スカーンは常に存在しており、魔術師が住む前から荘園全体を監視していた主張している。スカーンを見た者の多くが、烏を引き連れているのを見ている。失われた主人への切望から、烏達は他者を世話する為に、作り出されて、烏達を守護している。スカーンが何者であれ、全ての者が、スカーンを破壊する必要がある事に同意している。力への飢えでモンスターが荒れ狂うか、孤独である為に誤った魂が捧げるかして、スカーンはそれらを許容して、超越する可能性を持っている。

Heirs of Blood, campaign bookが2015の第一四半期に出版される模様

Heirs of Blood, campaign bookが2015の第一四半期に出版される模様

http://www.fantasyflightgames.com/edge_news.asp?eidn=5220

Fantasy Flight GamesがフランスのAsmodee Groupに合併される様子

Fantasy Flight GamesがフランスのAsmodee Groupに合併される様子。
ロゴはこれまで通り、開発体制も同じな感じに書いてい様に思われる。

http://www.fantasyflightgames.com/edge_news.asp?eidn=5212

烏の荘園 キャンペーン 物語

烏の荘園 キャンペーン 物語

「私は奇妙な要求だと認識した、しかし私はその古い荘園について心配していた。」 皺くちゃの魔法使いは囁いた。「イスンドラスは我々の世界の奇妙で超自然のアーティファクトについて不健康な興味を持っていた。山賊達が略奪したと噂されていた。そして物語では、」 彼は誰かが話を聞いているかの様に、顔を近づけた、「奇妙な生き物が彼女の壁の中にいた。」
「奇妙な事が、魔術師が死んだ時に起きた。彼の記憶と望みが反響して、そして彼の力は消え去らず、彼の周りの世界に染み込んでいった。この獣であるスカーンは、イスンドラスの死によって生み出されて、これらのいくつかのアーティファクトの力を利用する事ができる…私は何が起こるのか恐ろしい。」

烏の荘園 キャンペーン イントロ

烏の荘園 キャンペーン イントロ

グレイヘイブン大学学長および評議会議長
マチュリス殿

拝啓

この数週間の出来事により、我々の最近亡くなった友人かつ同僚のイスンドラスの荘園の状態のあなたに関連する事について、私は賢明で、折よいと判断しました。

私の権限を越えていますが、肝心な点としては、私の部隊が荘園に駐留している事です。数週間の間に、ここでは、驚くべき割合で事故が発生しており、奇妙で強力なアーティファクトに対する攻撃が行われています。私はこれらのアイテムが、古い荘園から持ち出されて、売り払われていると言う推測のみしかできません。しかしながら、これは私の最大の関心事ではありません。

奇妙な物語と徘徊する生き物の噂が私の耳に聞こえてきました。その噂は超自然の守護者が荘園から復活して、彼の目的である、盗賊を殺す手助けする為に精霊を召還しました。しかしながら、愚かな盗賊を追い出すには充分ではなかったのです! 彼らは周囲の森から集まり続けました。彼らが充分だけの人数を増やして、持って帰った戦利品の分けた、荘園を襲撃しています。あなたも名前を良く知っているオレン・スリーブレードが彼らを率いています。

何を行うべき事は、明らかであると信じています。もし荘園をそのままにして置く事ができないのなら、破壊されます。これは単純な問題ではありません。私がこの手紙を書いている間も、巨大な生き物と闇の軍勢がこの荘園に集まっています。至急、治安官を派遣する必要があります。それでも、充分では無いかも知れません。

- デーン・インターノウス、
ウェストマイアーの第三階位治安官
プロフィール

Author:goldkight
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード